共生食品(株)&イーハトーヴ農場

共生食品株式会社 次世代への贈り物

忘れないこと
豆腐事業のはじまり

作るこだわり
会社概要
関連リンク集
共生グループのこれから

テーマ実現に向けたグループ各社のさまざまな取り組み

自然との共生を目指しながら、豊かな食生活・食文化の創造に貢献することが、共生グループの永遠の テーマです。

豆腐事業では、安全でおいしい商品を安定的に消費者の皆様のもとへお届けするために、原料となる大 豆の「全量契約栽培」を目指しています。また、今後は北海道から九州までの生産者ネットワークを形成 し、交流会や学習会を通じて、大豆の自給率向上を図って行きます。

「イーハトーヴ農場」では、地元の気候風土に合った農作物の栽培、加工の研究を行っています。また、 2001年から、「子供からお年寄りまで、みな役割を持ち、生きいきと暮らせる地域づくり」を目的に「薮川未 来創り塾」を地元の仲間達と立ち上げました。現在は、地域の資源おこしと交流を主なテーマに月一回の ペースで活動しています。

「豊かな自然を次世代に引き継ぐことは、今を生きる私たちの大切な役割です。共生グループの理念に 共感する方々には、ぜひ一度『イーハトーヴ』を訪れていただきたいと思います」(三澤社長)

「イーハトーヴ」産のそば粉で作ったそばが人気の「そば茶屋遠野」と併設の豆腐専門店「豆菜庵」、共生 食品の橋本工場内に開設された「キッチンスタジオ」は、消費者の皆様に共生グループの理念を発信す る舞台としての役割を担っています。「キッチンスタジオ」では、社会的に注目を集める「食育」の一環とし て、手作り豆腐や豆腐料理の講習会を開催しています。

 

ECOな経営を目指しています。

↑Page Top